\ 岡山県内全ての公園に行くのが目標です! /

【真庭市】川にはホタル!池には錦鯉!近くには無料で入れる鍾乳洞も!自然が生み出す美しい風景の中でゆったりと静かなときを過ごせる公園【北房ほたる公園】

こんにちは、2歳双子の母のayaです。

今回は、真庭市の北房ほたる公園(ほくぼうほたるこうえん)に遊びに行ったので、紹介したいと思います!

 

point
  • 5月下旬頃は公園の周辺でホタルがみえる
  • 公園内の池には錦鯉が住んでいる
  • 徒歩の距離に無料で入れる鍾乳洞がある
  • 遊具や駐車場の利用は無料

北房ほたる公園とは?

公園の名前にもなっているホタルが見える備中川沿いにある公園です。

遊具は少ないですが、ホタルは勿論のこと、池には錦鯉が住んでいたり、徒歩で行ける距離に鍾乳洞があったり、見どころいっぱいの公園です!

遊具

複合遊具

公園の一角に、ちびっこが喜ぶ手頃なサイズの複合遊具が設置されています。

遊具の登り口は変形ハシゴやネット登り、階段などがありました。

遊具をつなぐ吊り橋は、鎖は短いですが結構揺れます。

安定感はありませんが、隙間が狭いので安心して渡って遊べます!

遊具の向こうには、大きな大きな池があります。

池の中に優雅に泳ぐ錦鯉たちの姿があります。

かなり近い距離で見ることができるので、子どもたちも大喜びでした!

エサの販売がないのが残念です〜。

ホタル館

遊具の正面には立派な建物です。

ホタル館と名付けられた建物の中には、パネル展示とトイレがあります。

パネル展示では、ゲンジボタルの一生が知れたり、周辺のホタルの保護活動についての記録がありました。

ホタル

私たちが訪れた日はホタルの時期ではなかったので、当然ホタルは見えなかったのですが、公園の隣を流れる備中川でホタルを見ることができるそうです。

たしかにホタルが住んでいそうな綺麗な川!

諏訪洞

公園のすぐ近くに、車は入れないくらいの細い橋が備中川に掛かっています。

橋の先には階段があり、登っていくと鍾乳洞があります。

歩いて1分ほどで登り切れるくらいで、そんなに距離はありません。

階段の手前には鍾乳洞のライトの電源があり、自分でオンオフする仕様になっていました。

照明をつけた人は、切り忘れないように気を付けて下さいね!

鍾乳洞の手前には、趣きのある赤色の小さな橋がかかっています。

手すりは膝丈ぐらいしかなく、一歩間違えると落ちそうで、下は滝になっていて高さもあるので危ないです。

訪れる方は慎重に渡ってくださいね。

鍾乳洞の中はすぐに行き止まりになっていて、奥には進めません。

物足りない気もしますが、鍾乳洞特有のひんやり感や雰囲気は味わえました!

入場料がかかるわけではないので、無料で鍾乳洞に入れると思えば充分かな?

鍾乳洞の奥からは絶えず水が流れ出ています。

水蒸気で満たされているのか、鍾乳洞の入り口付近は白く霞んでみえました。

なんだか神秘的!

休憩スペース

公園内に数台のベンチがあり、池のほとりには東屋があります。

錦鯉を鑑賞しながら優雅に昼食も良さそうです!

自動販売機

公園内に自動販売機はないので、飲み物は持参していきましょう。

トイレ

ホタル館に男女別トイレと、多目的トイレがあります。

多目的トイレにはオムツ交換台が設置されていました。

駐車場

無料で利用できる駐車場があります。

ただし、車のライトを照らすとホタルがすぐに逃げてしまうので、ホタルを見に公園の駐車場を利用するのはあまり好ましくありません。

真庭市の公式ホームページでは、ホタルを見に行くときは『真庭市北房振興局』に駐車するよう記述してありました。

アクセス

住所 〒716-1433 岡山県真庭市下呰部

営業時間・休業日

営業時間
休業日

あとがき

遊具の数は少ないですが、池には錦鯉がいたり、近くに鍾乳洞があったり、子どもも大人も楽しめる公園でした。

公園の名前にもなっているホタルは、5月の終わり頃に光っているのがたくさん見えるそうです。

ホタルの時期にまた行ってみたいですね!

※2023年8月時点の記載となりますので、最新情報は公式ホームページでご確認ください。